TTTこどもパソコンプログラミング教室

岡山市、津山市の TTTこどもパソコンプログラミング教室

TTTこどもパソコンプログラミング教室

ショートカットキーのお話し

2021.02.25

こんにちは、TTT岡山校のひとみ先生です。

文章をつくるのに便利なソフトウェア、WordやPowerPointを使ったことはありますか?

中学校や高校では使う機会があるかもしれません。

大学生になるとWordを使ってレポートや論文を書きますし、仕事を始めると毎日のようにWordやPowerPointを使う人もいます。文章を書き直したり、段落ごと動かしたりすることができるので、読書感想文の下書きをしたり、自由研究で調べたことをまとめたりするのに役立ちます。

今回は、そんなWordやPowerPointでの作業効率を高めるためのショートカットキーを少しご紹介します。

文字を打ち込むときには手をキーボードに置くのに、文字の大きさや形を変えたり、文章を保存・印刷したりするために、リボンという作業メニューから自分がしたい作業を選択するときには、マウスに手を置いてこまめにクリックして、またキーボードに手を戻すという工程を踏まなければなりません。これが案外面倒で、時間を奪われてしまいます。しかし、ショートカットキーを覚えて使えるようになれば、キーボードとマウスを行き来することなく、多くの機能をキーボード操作のみで使うことができるようになります。

コピーをするには、コピーしたい文章を選択した状態で、[Ctrl](コントロール)と[C] を同時に押します。①

コピーした文章を貼り付けるには、ペーストしたい部分にカーソルを合わせて、[Ctrl]と[V]を同時に押します。②

他にもたくさんショートカットキーがあるので、紹介しますね。

  • [Ctrl]+[C]:文章をコピーする
  • [Ctrl]+[V]:文章を貼り付ける(ペーストする)
  • [Ctrl]+[S]:ファイルを保存する(上書き保存)
  • [Ctrl]+[W]:ウィンドウを閉じる
  • [Ctrl]+[A]:すべてを選択
  • [Ctrl]+[B]:太字にする
  • [Ctrl]+[Z]:直前の作業を元に戻す
  • [Ctrl]+[N]:ファイルの新規作成
  • [Ctrl]+[U]:下線(アンダーライン)をひく
  • [Ctrl]+[I ]:斜体にする

自分がよく使うものだけでも覚えておくと効率よくできるようになりますよ。友達の前やお家の人の前でさらっと使うと、「すごい!」「かっこいい!」「はやい!」と言ってもらえるかもしれませんね。