TTTこどもパソコンプログラミング教室

岡山市、津山市の TTTこどもパソコンプログラミング教室

TTTこどもパソコンプログラミング教室

理念

近年、保護者の間では自分達とは違う時代を生きていく子供たちにプログラミング・パソコン教室に通ってほしいと思うニーズが高まっています。また、地方創生という観点からプログラミング教育は次世代の地域を引率するリーダー、地域のイノベーションのための人材育成システムとして注目されています。TTTはこれらのニーズに応えるため、地域の未来を今より輝くものにするため
自ら考える力
自ら創り出す力
自ら伝える力
を育み、子どもたちが自分の力で「できるようになる」をサポートします。

遊びながら、楽しみながら、学ぶ。

TTTではプログラミングを学ぶ入門ツールとして、自由に絵を描いたり、ゲームやアニメーションを作ることができるビジュアルプログラミング言語Viscuit(ビスケット),Scratch(スクラッチ)によるプログラミングを取り入れています。また、個性に合わせてTTT内の発表会やプログラミングコンテストなど外部イベントへの出場も行います。

こどもたちの将来の選択肢を増やしたい

2020年度から小学校でもプログラミング教育が必修化される予定です。なぜ必修化されるかというと、日本という国の国際競争力の向上に、高度なIT人材は必要不可欠なためです。これらを踏まえTTTではITリテラシーを身につけるための基本的なパソコン操作、考える力を鍛えるために、プログラミング的思考を学ぶカリキュラムを提供します。

考える力を育み、創造力を養う

2020年東京オリンピックに合わせ機械化が始まり、将来的には労働者の3人に1人がAI(人工知能)やロボットにより職を奪われると言われています。使う側と使われる側がでてくる社会の中で生き抜くためにはプログラミングなどを通して柔軟な論理的思考=ロジカルシンキングを鍛える必要があります。